スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

亀十「有名特製どら焼き・黒あん」 

t/

きつね色でふっくらし。
そして、少々無骨。
けれど、触れれば、すいつくようなやわ肌・・・

見た目じゃないのよ、手触りなのよ。
亀十のどら焼きは「触れたら負けちゃう」魅惑のどら焼き。

大正末期の創業から80年余りの「御菓子司 亀十」
浅草雷門近くの行列のできる和菓子屋さんとして有名です。
元祖黒糖銘菓・松風も人気ですが、
多くの芸能人にも愛されているという「どら焼き」が、やっぱりナンバーワン。

庶民のおやつとして親しまれる「どら焼き」。
亀十の「1つ263円」という価格は決して安くはありません。
けれど、徹底した素材へのこだわりを考えると納得。
餡は十勝産の大納言。

亀十断面図

ツヤっツヤの大納言。
口の中で、豆のしゃっきり感を味わえる、
スポンサーサイト
[ 2007/06/27 23:07 ] どら焼き | TB(0) | CM(0)

大黒屋「梅どら」 





今日の一品は

どら焼きに、梅!?

そんな第一印象のサプライズを、
上品にひっくり返してくれる「大黒屋の梅どら」です。

紫蘇風味の白あんに、梅の甘露煮がごろり。
梅どらC

ふっくらとした焼き皮に、独特の梅の風味が新しい「梅どら」。
皮からにじみ出る蜂蜜が舌先に甘く、唇に柔らかい。

甘酸っぱい甘露煮と、さっぱりとした白あんがベストマッチ。

ビタミンEを多く含むという
[ 2007/06/17 15:00 ] どら焼き | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。