スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

満願堂「芋きん」 

芋きん、といったら満願堂、
満願堂といったら「芋きん」。

おやつで「食物繊維」もたっぷりとりたい!
そんな我がままも叶えてくれるのが和菓子。
いもきん
その最たる物が「お芋」を使った和のおやつ、でしょうかね。

お芋のきんつば「芋きん」は、下町名物。
「満願堂」の看板商品です。

本店は吾妻橋にありますが、
デパ地下では大丸東京や横浜そごうにあり
実演販売を行っています。

つるつるした「ようかん」状のお芋に
小麦粉を溶いたものを、サッとつけて焼いていく、
その工程はまさに職人技。速くて手元がみえなーい…。

食べるたび、ニマニマしてしまう至福の芋きん。
105円とい庶民価格も嬉しいところ。
当日焼きたてをGETできたらラッキー。
翌朝は、トースターで軽く暖めると「もっちり&パリパリ感」が復活します。

むっちりした触感と、さつまいもの素朴な味。
丁寧に裏ごしされているんでしょう、舌触りはなめらか…
やんわりとつぶれていく感覚も、
ふわっと広がる香ばしさと自然の甘みも、
他の何にもマネのできない「「満願堂」ならでは。

断面
外側の薄茶色の部分が「皮」。厚さ約2mm。
ここが、「むっちり」のモトなんですね。

ところで今回、和菓子全身測定をして気づきましたが…
芋きん、見事な正方形でした(笑)
そして、本来の和菓子の良いところである
「素材の甘みを生かして作っている」こと、
素材の甘さと良さを、とっても大事にしていること、
これまたまっすぐな和菓子ぶり。

吾妻橋のまっすぐ和菓子。
誠実で素朴な下町の味。
隅田川の土手に座って食べたいな。


【和菓子データベース】

商品名 満願堂「芋きん」(まんがんどう・いもきん)

甘さ      ★(控え目)
大きさ     5.5cm×5.5cm×2.5cm
重さ      74g
餡       芋あん
特徴      表面を焼いてあるため、出来立ては温かい。もちろん冷めても美味しい。
季節      通年
シーン    朝のおめざ(トーストで暖めるのがオススメ)
        手土産・大量の差し入れにも(価格が手ごろでボリューム有!)
飲み物     温かい玄米茶、冷たい麦茶、温かいほうじ茶
GET指数    ★★★★(やや難しい)
お取り寄せ   不可。 
          オンラインショップ  なし

デパ地下への常設は東京大丸・横浜そごう(その他、不定期出展あり)
羽田空港 第二ターミナルにも店舗があります。
※その他の情報がありません。ひょっしたら他にも店舗があるのかも…

価格  105円
日持ち だいたい1日(常温)

店舗名 「満願堂」(まんがんどう)

◎本店 
東京都墨田区吾妻橋1-19-16 野口ビル 1F
最寄り駅 地下鉄 本所吾妻橋駅 
定休日 無休
営業時間 9:00~18:00
◎浅草オレンジ通り店
東京都台東区浅草1-21-5
最寄り駅 銀座線 浅草駅
定休日:無休
営業時間: 平日 10:00~20:00 /土日・祝日 9:30~20:00
スポンサーサイト
[ 2007/06/19 22:58 ] 和菓子探訪記 | TB(0) | CM(1)

お気に入り

僕も「芋きん」好きです!
東京駅に行けば、かなりの確率で買います。
程よい甘さがいいですね。
サツマイモが好きな方ならうってつけでしょう。
おみやげとしても買いますが、
日持ちしないので、注意しないといけません。
[ 2007/06/25 00:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wagashizuki.blog86.fc2.com/tb.php/12-c295c469








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。