スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

越後屋若狹「葛桜」・・・お茶会にて 

無作法者ではありますが・・・・
 文京区「瀬川邸」のお茶会に、 お呼ばれしたので、いって参りました。

瀬川邸
明治20年頃に建てられた、由緒ある母屋と苔庭が見事。

あかり

お部屋

今日いただいた和菓子は、こちら。
森下の「越後屋若狹」の「葛桜」。
くず桜

江戸時代から続く老舗である「越後屋若狭」は
かの夏目漱石が愛した「水羊羹」が有名。
一棹3000円ほど、とお高めですが、
著名人にも愛される絶品の水羊羹なんだとか・・・

現在、店頭販売は行っておらず、完全受注生産。
それでもファンの途絶えない「愛される老舗」です。

蒸し蒸しする水無月に、そして夏に
すっきりとした「涼」を届けてくれる「葛桜」。
丁寧に漉されたまろやかなこしあんと、
もっちりとした葛が一体となって、喉の奥へとするする入ります。
宇治の甘く濃いお抹茶と共に頂けば、心にも涼が…。
緑にむす苔

苔むす庭を眺めつつ、なんとも贅沢なひと時でした。


【和菓子データベース】

商品名   越後屋若狹の「葛桜」
甘さ     ★(控え目)
大きさ    直径 約4.5cm 高さ 約4cm
重さ      不明
餡       こしあん
特徴     完全受注生産
季節     六月~夏
シーン   茶席
       手土産(時間に合わせて作っていただけます)
飲み物    抹茶。甘みのあるものがオススメです。
GET指数   ★★★★★(難しい)
お取り寄せ   不可          
価格  時価(商品によるようです)
日持ち 当日(常温)

店舗名 「越後屋若狹(えちごやわかさ)」
東京都墨田区千歳1-8-4
営業時間:
10:00~17:00
定休日:
日曜・祝日
最寄り駅:森下駅・両国駅

スポンサーサイト
[ 2007/06/25 23:08 ] 和菓子探訪記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wagashizuki.blog86.fc2.com/tb.php/14-e697c886








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。