スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

豆かん~自宅で甘味処気分・・手作りレシピ~ 

豆かん全体図


赤うんどう豆を煮たらまず作ってみて欲しいのが「豆かん」。
作ってみて、というより「食べてみて!」が正解でしょうか。
レシピというほどのレシピもなく簡単、そしてとにかく美味しい。
私はついつい、ごはんがわりにペロリと2杯食べてしまいます。

寒天は一時期のブームのおかげか、様々な商品が市場に出回っていますね。
製品によって、扱い方も味も違いますが、私は「戻したり、漉したり」の
手間がいらない粉寒天を使用。中でも、比較的、手に入りやすく味も気に入っている
「かんてんクック」という商品をよく使っています。

豆かんの作り方

1.粉寒天(4g)を水(400ml)に溶かし、火にかける。沸騰したら、さらに中火で2、3分。
2.バットに流し固める。
3.固まったら、さいの目に切って、冷蔵庫で冷やす。
4.寒天を器に盛りつけたら、赤えんどう豆をたっぷり載せ、仕上げに黒蜜をかけ、できあがり。

寒天はゼリーに比べ固まるのが早く、常温でも充分ですが、
せっかちさん、急いでいる方は湯せんならぬ「氷せん」が便利。
大きめのボウルに氷水を作ったら、別のアルミボウルに煮とかした寒天を入れ、
底に氷水を当てます。ゴムべらでかき回しながら様子を見て、
トロリとしてきたらバットに移しましょう。
あんまりやりすぎると、ボウルのまんまで固まってしまいますから要注意。

それから、黒蜜はスーパーなどで扱っている市販で充分!
どうしてもない場合は、黒砂糖を電子レンジで溶かすのも手。
お鍋で煮詰めて「自家製黒蜜」を作るのも素敵ですね。
ただし、焦がさないように気をつけてくださいね。


豆かんは、ダイエット中にも最適な和のおやつ。食物繊維もたっぷりです。
スポンサーサイト
[ 2007/11/20 00:36 ] 手作り レシピ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wagashizuki.blog86.fc2.com/tb.php/24-2cbf5368








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。