スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

豆を煮る~赤えんどう豆~  豆かん・豆大福に・・ 

あんみつや、みつ豆の中に入ってる、茶色い豆。
あの豆の名前をご存知ですか?

名前は、「赤えんどう」。
苦手、という人、結構多いんだとか。

固くて、あじけなく、なんだかぼそぼそする・・そんな、イメージなんでしょうね。

かくいう私も以前は苦手でした。ところが、ある日、母が買ってきてくれた
老舗の「豆かん」と「豆もち」を食べて以来すっかりこの豆のとりこ。
豆大福にも目がありません。

もっとたくさんたくさん食べたい・・・
よぉーし、それなら、と自分で煮てみることにしました。

おうちで炊いてみたら、ふっくら・ほっくり。
煮上がったばかりは本当に格別。病み付きになること間違いなしです。
圧力鍋を使ったら、本当にあっというまですよ。

《赤えんどう豆の煮方》
1.煮たい量の豆をさっと洗ったら、一晩水につけます。この時、小さじ1/4ほどの重層を一緒に溶かします。
20071107234512.jpg


一晩(8時間程度)つけたものが右。大きさはこのぐらいかわります。
20071107234544.jpg




2.圧力鍋に入れ、豆の3倍程の水を注ぎ、強火にかけます。一度沸騰させ、お湯を捨てます。
20071107234604.jpg


3.新しい水を入れ圧力にかけます。鍋によって規定の水分量があるはずですから、その目盛りに従ってください。だいたい30分ほどしたら止めて、固さをみながら煮ます。

4.ざるにあげて、粗塩をさっとふります。
20071107234619.jpg


湯からあげた後、少し固かったな・・・・と思ったら
お鍋の湯を捨ててから、豆を入れ、蓋をしておくと、余熱でやわらかくなりますよ。

みつまめ、豆かん、豆大福に利用できます。
冷めたら、密閉容器にうつして冷蔵庫で保管してくださいね。

和菓子にしよう、と思いながら、ついついつまみぐい。
このまま食べても、ごはんに混ぜてもおいしい。
出来立てはお酒のおつまみとしても最高です。

ちなみに、赤えんどうは乾物屋・スーパーなどで購入場所できますが
なかなか見つからない・・という方は「富澤商店」などのオンラインショップを
使うのが良いかもしれません。オンラインで買える店舗は他にもたくさんあります。

私は築地場外市場・築地仲通にある「山本商店」で買っています。
スポンサーサイト
[ 2007/11/07 23:10 ] 手作り レシピ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wagashizuki.blog86.fc2.com/tb.php/26-3d73eddf








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。