スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

玄舟庵「白桃餅」 

和菓子が好き。和菓子は心を癒してくれる。
丁寧に楽しむ和菓子も日本らしくていいけれど
何気ない日常に明るさをくれる
カジュアルで手軽な和菓子があってもいい。

江戸川区小松の玄舟庵の「白桃餅」は
手軽に和菓子を楽しめる、洋風のパッケージ。

玄舟庵白桃餅

洋菓子のショーケースでよくみかける、
ゼリーを入れるような高さ8センチほどの透明カップ。
小さなお餅がコロンと5つ。
淡くて透き通るような、薄いピンク色。

白手亡豆の白あんに、白桃の香りがふんわり。
求肥餅に包まれた、小さな姿もかわいらしい。

二個

ぱくっと一口。

[ 2007/06/29 22:08 ] 和菓子探訪記 | TB(0) | CM(0)

越後屋若狹「葛桜」・・・お茶会にて 

無作法者ではありますが・・・・
 文京区「瀬川邸」のお茶会に、 お呼ばれしたので、いって参りました。

瀬川邸
明治20年頃に建てられた、由緒ある母屋と苔庭が見事。

あかり

お部屋

今日いただいた和菓子は、こちら。
[ 2007/06/25 23:08 ] 和菓子探訪記 | TB(0) | CM(0)

たねや「近江大福」 

限定という言葉にはどうも弱い。
期間限定、時間限定、季節限定・・・

パッケージ

「近江大福(おうみだいふく)」は、
滋賀の有名店である「たねや」の
「東急百貨店 東横のれん街店」限定の和菓子。
「ここでしか手に入らない」といわれると、
ついついほ欲しくなってしまうんですよねぇ。
箱に入った3つの大福。
うん、なんだか立派。


本体

まっしろな表面には、うっすらと白い粉に覆われ、
ところどころが、でこぼこしています。
これは、「糯米(もちごめ)」の粒。
食感を楽しむためわざと「半つき」にしてあるんですね。

触れると、しっとりやわらかい。
[ 2007/06/23 00:38 ] 和菓子探訪記 | TB(0) | CM(0)

満願堂「芋きん」 

芋きん、といったら満願堂、
満願堂といったら「芋きん」。

おやつで「食物繊維」もたっぷりとりたい!
そんな我がままも叶えてくれるのが和菓子。
いもきん
その最たる物が「お芋」を使った和のおやつ、でしょうかね。

お芋のきんつば「芋きん」は、下町名物。
「満願堂」の看板商品です。

本店は吾妻橋にありますが、
デパ地下では大丸東京や横浜そごうにあり
実演販売を行っています。

つるつるした「ようかん」状のお芋に
小麦粉を溶いたものを、サッとつけて焼いていく、
その工程はまさに職人技。速くて手元がみえなーい…。

食べるたび、ニマニマしてしまう至福の芋きん。
105円とい庶民価格も嬉しいところ。
当日焼きたてをGETできたらラッキー。
翌朝は、トースターで軽く暖めると「もっちり&パリパリ感」が復活します。

むっちりした触感と、さつまいもの素朴な味。
丁寧に裏ごしされているんでしょう、舌触りはなめらか…
[ 2007/06/19 22:58 ] 和菓子探訪記 | TB(0) | CM(1)

鎌倉「こ寿々(こすず)」わらび餅 

【和菓子好きっ!】記念すべき第一回に
ご紹介する和菓子は…
わらび餅パッケージ
こ寿々の「わらび餅」。

自家手作りの本わらび餅で有名な「こ寿々」は、
鎌倉に2店舗。一つは、鶴岡八幡宮への参詣通り「段葛(だんかづら)」の右側にある
段葛 こ寿々(手打そば)」。
もう一つは、由比ガ浜にある「 こ寿々(甘味処)」
その他、工場もあるそうです。

こすず蕨餅中身
このわらび餅…
[ 2007/06/16 07:00 ] 和菓子探訪記 | TB(0) | CM(1)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。